長野市の出張写真撮影

長野市の出張写真撮影カメラマン依頼・予約19,800円〜

こちらのページでは、長野市での記念写真をプロカメラマンに依頼される方に評価される人気の出張撮影サービスの中から、料金体系や撮影費用、クオリティやカメラマンの対応、利用者の口コミ評判を基にした総合ランキング1位から3位までを紹介しています。いずれも各リンク先の公式サイトにて詳細の確認・お問い合わせができますので参考になさってください。

ベイビースマイル

出張 撮影 長野市

≪メリット≫
撮影費最安値帯(税込表示・土日UPなし)
納品枚数が多い(平均100枚前後)
納品方法が選べる(メール or DVD-R)
≪デメリット≫
×料金支払い方法が振込のみ
×地域によって予約が取りづらい
×カメラマン指定不可※リピート時は可
出張 撮影 長野市

 

fotowa(フォトワ)

出張 写真 長野市

≪メリット≫
撮影カメラマンの指定が可能
スケジュール表で予定が組みやすい
ギフト券の販売がある※有効期限あり
≪デメリット≫
×土日祝日の撮影料金が割高
×電話対応不可(メール連絡のみ)
×人気カメラマンは予約が取りづらい
出張 写真 長野市

 

出張撮影サービス

出張 カメラマン 長野市

≪メリット≫
東証一部上場企業のグループ会社
四千名のカメラマンネットワーク
事業者向けの撮影実績が豊富
≪デメリット≫
×撮影料金が他サービスに比べ高い
×納品枚数が少ない(30-50枚)
×撮影カメラマンの指定は不可
出張 カメラマン 長野市

 

上記サービスでは、いずれも新生児写真(ニューボーンフォト)、お食い初め(百日祝い)、初節句、お宮参り、ハーフバースデー、ファーストバースデー、お誕生日会、七五三(753)を始め、幼稚園・保育園の入園式・卒園式、運動会、小学校の入学式、ピアノの発表会、ハーフ成人式(1/2成人式)、ハロウィン、クリスマス、ホームパーティー、年賀状、成人式、カップル写真・エンゲージメントフォト、結婚写真・フォトウェディング、マタニティフォト、ポートレート、新居・新築・引越し祝い、還暦祝い・長寿祝い(喜寿・米寿)、生前撮影(遺影写真)、ペットといった家族写真を中心とした撮影が可能です。また、屋外でのロケーションフォト以外にも、ご自宅や飲食店、スタジオなど屋内での撮影にも対応しております。

 

≪地域情報≫

長野市(ながのし)は、長野県北信地方に位置する都市。長野県の県庁所在地であり、中核市である。

 

ロケーションフォト 長野市

 

●概要
長野県北部の中心都市で、善光寺の門前町として有名である。門前町としてのみならず、周辺の観光地への前線としても重要な位置を占める。善光寺門前町を中心とする旧長野町などは上水内郡に属していたが、現在の市域はその外、旧更級郡、埴科郡、上高井郡にまたがる。

 

交通政策では「交通セル方式」の採用やコミュニティバス(ぐるりん号)の積極展開など特徴的な政策を持つ。
1998年(平成10年)に長野オリンピック及び長野パラリンピックが開催され、メイン会場が有った市である。
全国47都道府県のうち、最も標高の高い位置に県庁の本庁舎がある県庁所在地である。

 

●交通
長野市は都市圏人口60万程の中規模地方都市としては公共交通手段を利用した通勤・通学が盛んであり、朝夕のラッシュ時には鉄道駅やバス停が多くの通勤・通学客で混雑する。そのため信越本線は朝ラッシュ時6両の編成による運行が見られ、長電長野線においても短い間隔で通勤形車両によって運行されるほか、通勤利用による混雑の対策として長野駅には自動改札機が設置されている。また、路線バスにおいては川中島バスが長野駅〜松代間にて座席指定制の「通勤ライナー」を運行するなど、レベルの高い通勤利用対策を行っている。

 

●気候
全般に長野市は盆地に位置し、盆地特有の気候であるため寒暖の差が激しく、夏は暑く、冬は寒い。中央高地式気候であるが、日本海側気候の特色も併せ持つ。特に北部は日本海側気候の豪雪地帯となるが、中心市街地以南の降雪量は多くなく、犀川より南側に行くにしたがって、太平洋側気候の特色が出てくるために雪は少なくなる。長野地方気象台(長野市箱清水1丁目)の年間降雪量は263cmとなっており、年間最深積雪は20〜40 cm 程度と少ない。過去最深積雪も1946年12月11日に観測された80cmに過ぎない。

 

市街地はヒートアイランド・都市化の影響が大きく、冬季を中心に年々最低気温が上昇傾向にある。 冬場は曇天が多く放射冷却が起こりにくいことから長野県内の中でも冷え込みは弱い方であり、1月の平均最低気温は-4.1℃と長野県の中では最も高い地点の一つである。最低気温の記録も-17.0℃(1934年1月24日)と長野県の中では高いが、80年代までは毎年のように記録していた-10度以下の気温は観測されることは少なくなり、2007年から2011年まで5年連続で-10度以下は観測されなかった。1961年以降の最低気温は-15.0℃(1967年1月17日)、2000年以降では-12.0℃(2001年1月16日)と県内の気象観測地点では県南部の南信濃に次いで高い。しかし曇天の影響で日中の気温はそれほど上がらず、県の主要都市の中では諏訪市と並んで真冬日が最も多い部類である。

 

一方、夏は暑さが厳しく、8月の平均最高気温は31.0℃、過去最高気温は1994年8月16日の38.7℃となっているなど猛暑日となることも珍しくない。一方で長野県の例に漏れず湿度は低い。 最低気温は比較的低いため熱帯夜となることはまれであり、朝夜は過ごしやすい。

 

降水量は日本の中で最も少ない地域の一つである。晴れの日や日照時間は全国的に見れば多い方ではあるものの、飛び抜けているほどではなく、県内では少ない方である。特に冬は晴天の日や日照時間が少ない。長野地方気象台は1889年からの観測地点であることと、観測露場の環境が良いために、気象庁による東日本の平均気温の算出地点の一つとなっている。

 

●歴史
・市域は古代の信濃国水内(みぬち)郡、高井郡、埴科郡、更級郡にまたがる。
・善光寺が現在の飯田市から移る(642年)。その後、門前町、北国街道の宿場町として栄える。
・市原合戦の舞台。木曾義仲の旗揚げに近隣豪族が二派に分かれて若里(市村)付近で争った源平合戦の前哨戦。
・横田河原の戦いの舞台。木曾義仲の旗揚げを鎮圧に越後から大軍を率いて乗込んだ城氏を篠ノ井横田で撃退した。
・中先代の乱で北条氏の残党を奉ずる諏訪氏らに同調して保科氏(保科)や四宮氏(篠ノ井四之宮)らが蜂起。
・観応の擾乱に続く南北朝の争いが国人領主達を二分し、これらが守護や関東管領の命に従わず市内や近隣の各所を戦場とした。
・大塔合戦の舞台。足利幕府から信濃守護を任命され善光寺に入った小笠原氏が篠ノ井大当で大文字一揆に破れて都へ逃げ帰った。
・守護が漆田原の戦い(中御所)で討死。守護所を平芝に置いた小笠原氏が後継を巡る内紛から抗争していた。
・武田信玄と上杉謙信が12年間に5たび争った川中島の戦いの舞台となる。
・武田氏を滅亡させた織田氏の瓦解により生じた天正壬午の乱などの影響もあって川中島四郡の支配者がめまぐるしく入れ替わり市域や近隣が荒廃した。
・真田氏が徳川幕府の命により上田から海津城に移封となり松代藩として明治維新まで存続した。
・戌の満水(千曲川大洪水)(1742年)、赤沼(旧・豊野町との境界付近)で水位6.4mを記録。
・善光寺地震(1847年5月8日)により、死者約1万人(飯山などの被害も含めて)。
・松代騒動に続く中野騒動(1870年明治3年12月)により旧幕府領や旧旗本領を治めていた中野県庁が焼き討ちにあって焼失し県吏員が殺害されるなどもあって、翌年7月に長野村の西方寺に長野県庁として仮庁舎を移転して県行政を開始。
・同年7月廃藩置県により松代藩が松代県となり真田藩知事は華族となって東京に移住。11月には松代県が長野県に編入され水内郡や高井郡、更級郡、埴科郡、小県郡、佐久郡を治めた。

・松本にあった筑摩県庁が火災焼失(1876年明治9年)したため筑摩県下にあった安曇郡や筑摩郡、諏訪郡、伊那郡も長野県に編入して県都となる。
・市制施行(1897年(明治30年))
・松代大本営の造成(1944年(昭和19年)着工、1945年(昭和20年)終戦により廃棄)。
・第1次昭和の大合併(編入合併)(1954年(昭和29年))。
・千曲川水害(1959年(昭和34年))により、死者・行方不明者71人、浸水家屋2万戸以上。
・第2次昭和の大合併(新設合併)(1966年(昭和41年))。
・松代群発地震
・地附山地すべり災害(1985年(昭和60年))により死者26名、家屋全半壊60戸。
・第18回オリンピック冬季競技大会、第7回パラリンピック冬季競技大会開催(1998年(平成10年))。
・中核市移行(1999年(平成11年))
・平成の大合併により上水内郡豊野町、戸隠村、鬼無里(きなさ)村、更級郡大岡村が編入(2005年(平成17年))。
・第8回スペシャルオリンピックス冬季世界大会開催(2005年(平成17年))。
・平成の大合併により上水内郡信州新町、中条村を編入(2010年(平成22年))。